差異(読み)さい(英語表記)differentia

  • ▽差異
  • さい〔イ|ヰ〕
  • しゃい
  • 差異/差違
  • 差異・差違ヰ

翻訳|differentia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ある観点からは同一である事物の間にある,互いにほかから自己を区別する関係,およびある事物がそれをもつことによってもたないものから区別されるところの徴表そのものをいう。この徴表が概念のなかにの区別を立てるとき種差という。スコラ哲学では種に基づく種的差異と同一種内の個物を互いに区別する数的 (個的) 差異を分ける。 (→類と種と種差 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 他のものと異なる点。他のものとのちがい。
※足利本人天眼目抄(1471‐73)「真と空との差異も見えたぞ」
※こゝろ(1914)〈夏目漱石〉上「何処から価格の差違(サヰ)が出るのか見当の付かないのもあった」 〔魏志‐斉王紀〕
〘名〙 (「しゃ」は「差」の呉音) 他のものとちがいのあること。また、そのちがい。さい。
※太平記(14C後)一四「掠上聞之条、雲泥万里之差違(シャイ)、何足言」
[補注]漢音でサイとも読んだが、「温故知新書」や「書言字考節用集‐九」などの古辞書では呉音のシャイをあげてあるので、呉音形が一般的だったと思われる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の差異の言及

【同一性】より

…あるものがあるものとして存立しあるいは同定identifyされるとき,そのものは同一性をもつという。同一性は,したがって,一面,あるものがあるものと異なったものでないことをいうものとして,差異differenceないし差異性と対立し,他面,あるものがあるものと異なったものになることがないことをいうものとして,変化と対立する。ここで,同一性―差異,同一性(恒常性)―変化という2組の対立概念は,いずれも,一方を欠いては他方の規定が困難になるような種類のものである。…

※「差異」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

差異の関連情報