コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十八般 ジュウハッパン

デジタル大辞泉の解説

じゅうはっ‐ぱん〔ジフハツ‐〕【十八般】

昔、中国で行われた18種の武芸。矛(てやり)・鎚(かなづち)・弓・弩(いしゆみ)・銃(ておの)・鞭(しない)・簡(むち)・棒・剣・鏈(くさり)・朳(くまで)・斧(おの)・鉞(まさかり)・戈(ほこ)・戟(ほこ)・牌(たて)・鎗(やり)・檛(なげほこ)のこと。転じて、武芸全般の意。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅうはっぱん【十八般】

中国で18種の武芸。矛てやり・鎚かなづち・弓・弩・銃ておの・鞭しない・簡むち・剣・鏈くさり・撾なげほこ・斧おの・鉞まさかり・戈ほこ・戟ほこ・牌たて・棒・槍・朳くまで。十八事。 → 武芸十八般

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

十八般の関連キーワード武芸十八般・武藝十八般一戸三之助武芸十八般平山行蔵丸目蔵人平山子竜国士無双桂 南天水泳

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android