コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武芸十八般 ぶげいじゅうはっぱん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

武芸十八般
ぶげいじゅうはっぱん

日本の武芸 18種目をさしていう。元来は中国において用いられた武器を分類した言葉であり,日本には江戸時代初期に伝わり,俗に武芸十八番ともいわれた。柔術剣術居合術槍術棒術砲術弓術なぎなた術,馬術水泳術などが含まれるが,18種の呼称や種目などにはいくつかの説がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぶげい‐じゅうはっぱん〔‐ジフハツパン〕【武芸十八般】

中国や日本で武人に必要とされた18種目の武芸。日本ではふつう、弓・馬・槍・剣・水泳・抜刀・短刀・十手(じって)・銑鋧(しゅりけん)・含針・薙刀(なぎなた)・砲・捕手・柔・棒・鎖鎌(くさりがま)・錑(もじり)・隠(しのび)をいう。→十八般
すべての武芸。武芸全般。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ぶげいじゅうはっぱん【武芸十八般】

数多くの武芸全般を指していう呼称。武芸十八番(事)ともいう。中国や日本で18種目の武芸を選んでいわれたが,中国と日本,また時代により異同があり,18には限定できない。元来この呼称は中国明代のころの武器により分類されたもので,《水滸伝》が初見といわれる。その後,明代の百科事典ともいえる《三才図会》や,少し後代の《五雑組(ござつそ)》などにもみられるが,種目は同じではない。日本にこの呼称が移入されるのは,これらの文献が日本で復刻もしくは翻案された江戸時代中期以降である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

武芸十八般
ぶげいじゅうはっぱん

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

武芸十八般の関連キーワード一戸三之助丸目蔵人平山行蔵国士無双もじり鎖鎌

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android