コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武芸十八般 ぶげいじゅうはっぱん

4件 の用語解説(武芸十八般の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

武芸十八般
ぶげいじゅうはっぱん

日本の武芸 18種目をさしていう。元来は中国において用いられた武器を分類した言葉であり,日本には江戸時代初期に伝わり,俗に武芸十八番ともいわれた。柔術,剣術,居合術,槍術,棒術,砲術,弓術,なぎなた術,馬術,水泳術などが含まれるが,18種の呼称や種目などにはいくつかの説がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぶげい‐じゅうはっぱん〔‐ジフハツパン〕【武芸十八般】

中国や日本で武人に必要とされた18種目の武芸。日本ではふつう、弓・馬・槍・剣・水泳・抜刀・短刀・十手(じって)・銑鋧(しゅりけん)・含針・薙刀(なぎなた)・砲・捕手・柔・棒・鎖鎌(くさりがま)・錑(もじり)・隠(しのび)をいう。→十八般
すべての武芸。武芸全般。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ぶげいじゅうはっぱん【武芸十八般】

数多くの武芸全般を指していう呼称。武芸十八番(事)ともいう。中国や日本で18種目の武芸を選んでいわれたが,中国と日本,また時代により異同があり,18には限定できない。元来この呼称は中国明代のころの武器により分類されたもので,《水滸伝》が初見といわれる。その後,明代の百科事典ともいえる《三才図会》や,少し後代の《五雑組(ござつそ)》などにもみられるが,種目は同じではない。日本にこの呼称が移入されるのは,これらの文献が日本で復刻もしくは翻案された江戸時代中期以降である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

武芸十八般
ぶげいじゅうはっぱん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

武芸十八般の関連キーワード大武芸演武十八般武芸・武藝武芸十八般・武藝十八般ブラックティー武芸武芸者武芸川〈町〉武芸十八番

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone