コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

半截竹管文 はんさいちっかんもん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

半截竹管文
はんさいちっかんもん

縄文土器文様。竹管など中空の植物茎を半截した施文具を用いて描いた文様の総称。施文具の内皮側を器面に向けて引きずれば,平行沈線文ができ,断続的に押捺すれば連続爪形文ができる。また,施文具の表皮部分を引きずれば太い溝状の沈線が現れ,断続的に引きずると溝状沈線の底に無限軌道状の節が現れる。縄文時代早期に出現し,前期に隆盛をみた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android