コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

半截竹管文 はんさいちっかんもん

1件 の用語解説(半截竹管文の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

半截竹管文
はんさいちっかんもん

縄文土器の文様。竹管など中空の植物茎を半截した施文具を用いて描いた文様の総称。施文具の内皮側を器面に向けて引きずれば,平行沈線文ができ,断続的に押捺すれば連続爪形文ができる。また,施文具の表皮部分を引きずれば太い溝状の沈線が現れ,断続的に引きずると溝状沈線の底に無限軌道状の節が現れる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

半截竹管文の関連キーワード小瀬ヶ沢洞穴縄文時代縄文土器日本美術無文土器隆起線文土器印文土器押型文土器縄文式土器小林達雄

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone