コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中空 チュウクウ

デジタル大辞泉の解説

ちゅう‐くう【中空】

空の中ほど。なかぞら。中天。「中空に舞う鳶(とんび)」
物の内部がからになっていること。うつろ。「中空

なか‐ぞら【中空】

[名]空の中ほど。中天。
「―までも立ち昇る烈々とした炎の色は」〈芥川地獄変
[形動ナリ]
どちらともきまらないさま。中途半端。
「いづ方にも寄らず―にうき御宿世なりければ」〈・柏木〉
心が落ち着かないさま。うわのそら。
「初雁のはつかに声を聞きしより―にのみ物を思ふかな」〈古今・恋一〉
いいかげんなさま。おろそか。
「女のためも―にこそならめ」〈徒然・一九〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゅうくう【中空】

そらのなかほど。中天。なかぞら。 「 -にかかる月」
なかがからっぽなこと。 「 -の鋳物」

なかぞら【中空】

( 名 )
空の中ほど。中天。 「 -の月」 「 -に立ちゐる雲のあともなく/伊勢 21
道の中ほど。途中。 「道遠み-にてや帰らまし/後拾遺 雑六
( 形動ナリ )
心の落ち着かぬさま。 「はつかりのはつかに声を聞きしより-にのみ物を思ふかな/古今 恋一
中途半端なさま。 「葛城や久米路の橋にあらばこそ思ふ心を-にせめ/後撰 恋三
いい加減なさま。軽はずみなさま。 「恋よ恋、わが-になすな恋/謡曲・恋重荷」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

中空の関連キーワードシンタクチックフォームホローファイバーカーボンバルーンサウンドボディーソフトビニールシュークリームガラスブロック空五倍子・空柴空芯菜・空心菜ピストンピン中空重力ダム空五倍子ピーマン中空調子マカロニ遠心鋳造唸り独楽副鼻腔光海鞘微小管

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中空の関連情報