中空(読み)チュウクウ

  • なかぞら

デジタル大辞泉の解説

空の中ほど。なかぞら。中天。「中空に舞う鳶(とんび)」
物の内部がからになっていること。うつろ。「中空の茎」
[名]空の中ほど。中天。
「―までも立ち昇る烈々とした炎の色は」〈芥川・地獄変〉
[形動ナリ]
どちらともきまらないさま。中途半端。
「いづ方にも寄らず―にうき御宿世なりければ」〈・柏木〉
心が落ち着かないさま。うわのそら。
「初雁のはつかに声を聞きしより―にのみ物を思ふかな」〈古今・恋一〉
いいかげんなさま。おろそか。
「女のためも―にこそならめ」〈徒然・一九〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そらのなかほど。中天。なかぞら。 -にかかる月
なかがからっぽなこと。 -の鋳物
空の中ほど。中天。 -の月 -に立ちゐる雲のあともなく/伊勢 21
道の中ほど。途中。 道遠み-にてや帰らまし/後拾遺 雑六
形動ナリ
心の落ち着かぬさま。 はつかりのはつかに声を聞きしより-にのみ物を思ふかな/古今 恋一
中途半端なさま。 葛城や久米路の橋にあらばこそ思ふ心を-にせめ/後撰 恋三
いい加減なさま。軽はずみなさま。 恋よ恋、わが-になすな恋/謡曲・恋重荷

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① (「宙空」とも) 空の中ほど。なかぞら。虚空(こくう)。中天。半空。半天。
※宝の山(1891)〈川上眉山〉一「そは大凧に打乗りて稍中空(チウクウ)に登りし頃」
② 内部がからになっていること。がらんどう。空虚。
※改訂増補物理階梯(1876)〈片山淳吉〉一「黄金を以て中空(ウツロ)の円球を造り其内に水を充て之を固封して」
[1] 〘名〙
① 空の中ほど。空中。
(イ) 空の中を漠然とさす。(二)の意を掛けて用いる場合もある。
※伊勢物語(10C前)二一「中そらに立ちゐる雲のあともなく身のはかなくもなりにける哉」
(ロ) 天頂と地平線との中間に当たる空。
※弘長百首(1261)春「見ずもあらず見もせぬ影の中空にあやなくかすむ春のよの月〈藤原為氏〉」
② 出発点から到着地までの中間をさしていう。中途。
※後拾遺(1086)雑六・一一九三「道遠み中空にてや帰らまし思へばかりの宿ぞうれしき〈康資王母〉」
[2] 〘形動〙
① どっちつかずで中途半端なさま。途中でやめてしまって、中途半端なさま。
※後撰(951‐953頃)恋三・七七四「葛木やくめ地の橋にあらばこそ思ふ心をなかそらにせめ〈よみ人しらず〉」
② 精神の不安定なさま。落ち着かないさま。うわのそら。
※古今(905‐914)恋一・四八一「はつかりのはつかに声を聞きしよりなかそらにのみ物を思ふ哉〈凡河内躬恒〉」
③ いい加減なさま。なまはんかなさま。
※狭衣物語(1069‐77頃か)二「中空に見奉りなさで」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

中空の関連情報