コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

半跏 ハンカ

大辞林 第三版の解説

はんか【半跏】

「半跏趺坐ふざ」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の半跏の言及

【仏像】より

…しかしそれらの表現は中国の6世紀初めの作風を受けるもので,高句麗は北魏との,百済は南朝の宋との関係を歴史・地理的に想定されているが,いずれにせよ身体・服制ともに漢化された仏像が基になっている。種類・形式ともに多様な中国での様相の大部分が輸入されたと思われるが,なかでは半跏思惟(はんかしい)形の菩薩像が特殊な信仰を受けて,統一新羅時代初期まで流行した。統一新羅時代になると唐の影響が強く,像種,様式,技法などあらゆる面でその直模的な造像がおこなわれたが,一般に中国仏よりもやさしさがあり,親しみやすい表現のものが多い。…

※「半跏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

半跏の関連キーワード京都府京都市右京区太秦蜂岡町和歌山県伊都郡かつらぎ町滝奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺北兵庫県加古川市志方町永室鳥取県倉吉市関金町関金宿大阪府羽曳野市野々上徳寿宮金銅半跏思惟像滋賀県大津市石山寺韓国国立中央博物館岐阜県大垣市赤坂町奈良県奈良市今市町福井県小浜市太良庄断石山石窟磨崖仏スコータイ美術瑞山磨崖三尊仏帯解(奈良市)広隆寺霊宝殿佐藤 鬼房座法・坐法四十八体仏

半跏の関連情報