コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

協働 キョウドウ

デジタル大辞泉の解説

きょう‐どう〔ケフ‐〕【協働】

[名](スル)同じ目的のために、対等の立場で協力して共に働くこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きょうどう【協働】

( 名 ) スル
同じ目的のために、協力して働くこと。
相互作用」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

協働
きょうどう

相互作用」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の協働の言及

【経営・経営管理】より

…もっとも実際の日常的管理事務は中卒が行うことが多く,大卒・高専卒とくに前者は,経営幹部候補生としていくつかの分野を巡回していくのが普通であった。こういった状況のもとでは当然,管理職,管理補助機関の協働関係は人格的・集団的性格をもつことになった。それは基本的には第2次大戦後の昭和30年代にまで及んだ。…

※「協働」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

協働の関連キーワードグローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン(GCNJ)トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラムデスティネーションキャンペーン(DC)国際セーフコミュニティー認証センターAFP(アジア森林パートナーシップ)ネームペン・パーカー シグネチャーネームペン・パーカー エアフロー島根あさひ社会復帰促進センタースクオラ・ディ・サン・マルコクロスファンクショナルチームさいたま市型協働管理運営佐倉草ぶえの丘バラ園トータル・リワードセーフコミュニティまちづくり基本条例アンリ シリアニ指定国立大学法人WHOCCCSPプラグマティズムパンクハースト

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

協働の関連情報