協働(読み)きょうどう

世界大百科事典内の協働の言及

【経営・経営管理】より

…もっとも実際の日常的管理事務は中卒が行うことが多く,大卒・高専卒とくに前者は,経営幹部候補生としていくつかの分野を巡回していくのが普通であった。こういった状況のもとでは当然,管理職,管理補助機関の協働関係は人格的・集団的性格をもつことになった。それは基本的には第2次大戦後の昭和30年代にまで及んだ。…

※「協働」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

協働の関連情報