コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南大門市場 なんだいもんいちば

1件 の用語解説(南大門市場の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

なんだいもんいちば【南大門市場】

韓国の首都ソウルハンガン(漢江)の北、南大門(崇礼門)を中心とした繁華街で、ナンデムンシジャン(南大門市場)とトンデムンシジャン(東大門市場)はソウルの2大市場。日用品や食料品、衣料品を中心とした大小約1万店の店舗が集積している。土産物店も多く、観光客も数多く訪れる。近代的な東大門市場とは対照的に、昔ながらの市場の面影を色濃く残している。近くに繁華街の明洞(ミョンドン)がある。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

南大門市場の関連キーワードソウル広州ソウル大学校Seoulソウル音楽Өргөө宗廟祭礼ハンガリー岩北漢山驪州

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

南大門市場の関連情報