コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

面影/俤 オモカゲ

デジタル大辞泉の解説

おも‐かげ【面影/×俤】

記憶によって心に思い浮かべる顔や姿。「亡き人の―をしのぶ」
あるものを思い起こさせる顔つき・ようす。「目もとに父親の―がある」「古都の―は今やない」
実際には存在しないのに見えるように思えるもの。まぼろし。幻影。
「夢に見えつるかたちしたる女、―に見えて、ふと消えうせぬ」〈夕顔
歌論用語で、作品から浮かびあがってくる心象。
「詞(ことば)のやさしく艶なる他、心も―もいたくはなきなり」〈後鳥羽院御口伝
面影付け」の略。
名香の名。香木は伽羅(きゃら)。
[補説]「俤」は国字

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

面影

日本のポピュラー音楽。歌は女性歌手、しまざき由理(ゆり)。1975年発売。作詞:佐藤純弥、作曲:菊池俊輔。TBS系で放送されたドラマ「Gメン'75」の主題歌。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

面影/俤の関連キーワード国破れて山河ありホワイトシャツ老いさらばえる落月屋梁の想いシミュラークル歯牙の間に置く寝ても覚めてもラッテンベルクエンバーミング式子内親王伝踏み開ける妻籠・妻篭Baden柵む・笧む嘆き暮らす左褄を取る真野の萱原然らでは垣間見ゆ理屈詰め

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android