コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南米選手権 なんべいせんしゅけんSouth American Championship

知恵蔵の解説

南米選手権

南米の代表チームナンバーワンを決める大会。大陸別選手権としては最も古く、1910年にアルゼンチンウルグアイ、チリが参加し、アルゼンチンで開催された大会が始まりともいわれているが、南米連盟が設立した16年のアルゼンチン大会が第1回大会とされている。その後は毎年開催されることもあれば、7年も中断するなど不定期に行われていた。99年パラグアイ大会には、招待国として日本が参加。アジアから初の参戦となったが、グループリーグで敗退した。過去の優勝回数ではアルゼンチン、ウルグアイが各14回、ブラジル8回、パラグアイ2回、ペルー2回、ボリビア、コロンビアが各1回。07年にベネズエラで行われた大会ではブラジルが優勝した。

(西部謙司 サッカージャーナリスト / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

南米選手権の関連キーワードバンデルレイ ルシェンブルゴガブリエル バティストゥータファン・ロマン リケルメヘラルド マルティーノアンヘル ディ・マリアセバスチャン ラザロニマルティン パレルモラファエル マルケスロケ サンタ・クルスマルセロ ビエルサオスカル タバレスパウロ ワンチョペロベルト アロマーエルソン ベセラジョルジーニョマノ メネゼスマルセリーニョゼ・ロベルトファルカンドゥンガ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

南米選手権の関連情報