豊田自動織機(読み)とよたじどうしょっき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

豊田自動織機
とよたじどうしょっき

機械メーカー。トヨタグループの総本家で,繊維機械のほかトヨタ自動車からの小型商用車の受託生産,エンジンその他の自動車部品フォークリフトなどの産業用車両の生産も行なう。1926年豊田佐吉が,みずから発明した豊田式自動織機の製造を目的に,豊田自動織機製作所を設立。1929年織機のほかに紡績機械,1933年自動車の製造に着手。1937年自動車部門をトヨタ自動車工業(のちのトヨタ自動車),1940年製鋼部門を豊田製鋼(→愛知製鋼)として分離。1953年自動車用エンジンの製造を開始,1956年フォークリフトの製造を開始,1967年小型商用車「パブリカピックアップ」,1978年大衆乗用車「スターレット」,1987年同「スプリンターシエロ」の製造を開始。2001年に現社名に変更。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

豊田自動織機

正式社名「株式会社豊田自動織機」。英文社名「TOYOTA INDUSTRIES CORPORATION」。輸送用機器製造業。大正15年(1926)「株式会社豊田自動織機製作所」設立。平成13年(2001)現在の社名に変更。本社は愛知県刈谷市豊田町。トヨタ自動車系の自動車・産業車両会社。フォークリフトのトップメーカー。昭和8年(1933)に設置された自動車部がトヨタ自動車の前身。東京証券取引所第1部・名古屋証券取引所第1部上場。証券コード6201。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

豊田自動織機の関連情報