豊田自動織機(読み)とよだじどうしょっき

改訂新版 世界大百科事典 「豊田自動織機」の意味・わかりやすい解説

豊田自動織機[株] (とよだじどうしょっき)

繊維機械業界の名門企業で,トヨタ・グループの本家にあたる会社。本社愛知県刈谷市。1926年11月,豊田佐吉が同年3月に発明した自動織機の製造を目的として,愛知県刈谷に設立された。同社の自動織機の性能は国際的にも広く認められ,昭和の初期からアジア地域を中心に広く輸出された。豊田佐吉は自動車の製造にも早くから関心をもっており,息子の豊田喜一郎も新事業として自動車国産化への熱意をもっていた。そこで30年ころから同社の工場で自動車の研究が進められ,33年に自動車部が設置され,35年乗用車第1号(A1型)が完成した。37年同社の自動車部門は分離され,トヨタ自動車工業(株)(現,トヨタ自動車)として設立された。

 豊田自動織機製作所(株)は第2次大戦中は軍需生産を余儀なくされたが,戦後は再び紡織機,自動車部品の生産に転換,とくに昭和30年代の初めあたりからは自動車エンジン,フォークリフト,カークーラー用コンプレッサーなどの多角化を積極的に推し進めた。現在は自動車用エンジンの組立て,フォークリフトなどの産業車両,繊維機械,カークーラー用コンプレッサーが事業の四つの柱になっている。2001年社名を豊田自動織機と変更。資本金805億円(2005年9月),売上高1兆2415億円(2005年3月期)。
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「豊田自動織機」の意味・わかりやすい解説

豊田自動織機
とよたじどうしょっき

機械メーカー。トヨタグループの総本家で,繊維機械のほかトヨタ自動車からの小型商用車の受託生産,エンジンその他の自動車部品,フォークリフトなどの産業用車両の生産も行なう。1926年豊田佐吉が,みずから発明した豊田式自動織機の製造を目的に,豊田自動織機製作所を設立。1929年織機のほかに紡績機械,1933年自動車の製造に着手。1937年自動車部門をトヨタ自動車工業(のちのトヨタ自動車),1940年製鋼部門を豊田製鋼(→愛知製鋼)として分離。1953年自動車用エンジンの製造を開始,1956年フォークリフトの製造を開始,1967年小型商用車「パブリカピックアップ」,1978年大衆乗用車「スターレット」,1987年同「スプリンターシエロ」の製造を開始。2001年に現社名に変更。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015 「豊田自動織機」の解説

豊田自動織機

正式社名「株式会社豊田自動織機」。英文社名「TOYOTA INDUSTRIES CORPORATION」。輸送用機器製造業。大正15年(1926)「株式会社豊田自動織機製作所」設立。平成13年(2001)現在の社名に変更。本社は愛知県刈谷市豊田町。トヨタ自動車系の自動車・産業車両会社。フォークリフトのトップメーカー。昭和8年(1933)に設置された自動車部がトヨタ自動車の前身東京証券取引所第1部・名古屋証券取引所第1部上場。証券コード6201。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

今日のキーワード

五節舞

日本の上代芸能の一つ。宮廷で舞われる女舞。大歌 (おおうた) の一つの五節歌曲を伴奏に舞われる。天武天皇が神女の歌舞をみて作ったと伝えられるが,元来は農耕に関係する田舞に発するといわれる。五節の意味は...

五節舞の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android