ちり(読み)チリ

大辞林 第三版の解説

ちり

鍋料理の一。煮立った湯の中に魚肉・豆腐・野菜などを入れ、煮ながらぽん酢などを加えた醬油につけて食べるもの。鯛たいちり・鱈たらちり・河豚ふぐちりなど。ちり鍋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちり

〘名〙 タイ、タラ、アンコウ、フグなどの白身魚に豆腐や野菜を、昆布出しか熱湯の中で煮ながらポンズ・醤油・薬味などで食べる鍋物。ちり鍋。
※黴(1911)〈徳田秋声〉一六「チリの鍋などが火鉢にかけられて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のちりの言及

【ごみ】より

…近世初頭,ポルトガル人が採集した日本語を載せた《日葡辞書》は,〈ごみ〉を濁り水にまじっている泥,川や海の底の泥としている。また塵埃を〈ちり〉〈ほこり〉,ごみ,わらくず,雑草などを〈あくた〉として載せている。このほかちりやあくたを〈ごもく〉としても取り上げている。…

※「ちり」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ちりの関連情報