コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

単帯/一重帯 ヒトエオビ

デジタル大辞泉の解説

ひとえ‐おび〔ひとへ‐〕【単帯/一重帯】

裏をつけない。主に女帯で夏季用。太糸で地厚に堅く織り上げた博多織つづれ織りなどを用いる。 夏》「たてとほす男嫌ひの―/久女

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の単帯/一重帯の言及

【帯】より

…紬やウールに合わせるものが多いが,綴は訪問着,付下げ,小紋などにも合わせられる。 単(ひとえ)帯長さ約3.8m,幅30cmの夏帯でたれ先と手先をかがる。博多織,紋織,斜子織など。…

※「単帯/一重帯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

単帯/一重帯の関連キーワード伊達巻(和装小物)和服単衣夏帯

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android