コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杉田久女 すぎたひさじょ

5件 の用語解説(杉田久女の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

杉田久女
すぎたひさじょ

[生]1890.5.30. 鹿児島
[没]1946.1.21. 太宰府
俳人。本名,久子。俳人赤堀月蟾の妹として幼くして句作になじみ,高浜虚子の門に入り,1932年句誌『花衣』を創刊主宰。奇嬌ともみられる激しい言動のために『ホトトギス』を除名されたが,終生虚子を慕った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

すぎた‐ひさじょ〔‐ひさヂヨ〕【杉田久女】

[1890~1946]俳人。鹿児島の生まれ。旧姓赤堀、本名久子。華やかさのある情熱的な句風で知られる。高浜虚子に師事し、「ホトトギス」同人となるが後に除名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杉田久女 すぎた-ひさじょ

1890-1946 大正-昭和時代の俳人。
明治23年5月30日生まれ。福岡県小倉にすみ「ホトトギス」に投句し,高浜虚子に師事。昭和7年「花衣(はなごろも)」を創刊,主宰。同年「ホトトギス」同人となるが,11年除名される。昭和21年1月21日死去。57歳。鹿児島県出身。東京女高師付属高女卒。旧姓は赤堀。本名は久子。
【格言など】足袋つぐやノラともならず教師妻(「杉田久女句集」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

すぎたひさじょ【杉田久女】

1890~1946) 俳人。本名久子。鹿児島県生まれ。東京女子高等師範付属高女卒。「ホトトギス」同人。浪漫的な精神に支えられた、奔放で天才的な句風で、女流俳句の中でも異彩を放つ。句集「杉田久女句集」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

杉田久女
すぎたひさじょ
(1890―1946)

俳人。鹿児島県生まれ。本名赤堀久子。幼時沖縄、台湾に過ごし、東京女高師附属お茶の水高女を卒業、1909年(明治42)画家杉田宇内と結婚、夫が福岡県小倉(こくら)中学の図画教師となったため、小倉に移り住む。初め小説家を志望したが、断念して『ホトトギス』に投句、激しい個性をもった天才的な作風が注目をひいた。32年(昭和7)俳誌『花衣』を創刊したが5号で廃刊、才気と勝気の性格が災いして36年『ホトトギス』同人から除名され、不遇のうちに没。没後『杉田久女句集』(1952)、『久女文集』(1967)などが刊行された。[村山古郷]
 谺(こだま)して山ほととぎすほしいまま
『『杉田久女句集』(1969・角川書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

杉田久女の関連キーワード長谷川かな女石田あき子尾崎迷堂岸田稚魚栗生純夫後藤夜半沢田はぎ女高橋淡路女滝田不勿室積波那女

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

杉田久女の関連情報