コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

印籠刻み インロウキザミ

デジタル大辞泉の解説

いんろう‐きざみ【印籠刻み】

刀の(さや)に1.5センチくらいの間隔で横に筋を刻みこむこと。また、その鞘。外見印籠を重ねた感じに似る。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android