感じ(読み)カンジ

デジタル大辞泉 「感じ」の意味・読み・例文・類語

かんじ【感じ】

感覚器官に受ける刺激によって生じる反応感覚。「指先感じがなくなる」「舌をさすような感じがある」
物事を見聞したり、人に接したりしたときに受ける気持ち。印象感想。「感じのいい人」「春らしい感じの日ざし」
刺激に対する反応。「感じが鈍い」
その物事に特有の雰囲気。「母親役らしい感じが出る」「ピッチング感じをつかむ」
[類語](1知覚官能五感体感肉感感触センス錯覚幻覚/(2印象イメージ感触第一印象心象心証インプレッション感覚感情気分空気雰囲気様子気配けはいムードアトモスフィア佇まい気色においじょう情感心情情緒じょうしょ・じょうちょ情調情操情念情動喜怒哀楽機嫌きげん気持ちエモーション

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

脂質異常症治療薬

血液中の脂質(トリグリセリド、コレステロールなど)濃度が基準値の範囲内にない状態(脂質異常症)に対し用いられる薬剤。スタチン(HMG-CoA還元酵素阻害薬)、PCSK9阻害薬、MTP阻害薬、レジン(陰...

脂質異常症治療薬の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android