コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原始埋蔵量 げんしまいぞうりょうoriginal oil in place

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

原始埋蔵量
げんしまいぞうりょう
original oil in place

油層,ガス層内に実存している石油,ガスの総量。種々の地質データ,生産データをもとにして計算される理論値で,これに対し,経済的,技術的に採可能な量を可採埋蔵量という。石油についてみれば,1990年で既発見の原始埋蔵量は4兆 5000億バーレルといわれ,未発見のものは約2兆億バーレル程度と想定されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の原始埋蔵量の言及

【採油】より

…そのために岩石中における原油,水,ガスの挙動について,とくに運動学的見地から研究が進められ,発展・体系化されたのが油層工学と呼ばれる技術である。地下に存在する原油の総量を原始埋蔵量と呼び,これに対して地上に回収できる原油量を可採埋蔵量という。この可採/原始埋蔵量の比が原油の回収率である。…

【埋蔵量】より

…その計算基準はJISに規定されている。埋蔵量は原始埋蔵量(総鉱量ともいう)と可採埋蔵量(可採鉱量ともいう)とに分けられる。原始埋蔵量とは,生産が開始される以前の,発見された当初に油ガス層内に存在していた原油,天然ガスの総量をいう。…

※「原始埋蔵量」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

原始埋蔵量の関連キーワード原油・天然ガスの埋蔵量採収率[原油,ガス]オイルシェールアザデガン油田オイルサンド南関東ガス田原油回収率新潟ガス田埋蔵鉱量回収率油層

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android