コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

厨子王 ズシオウ

デジタル大辞泉の解説

ずし‐おう〔ヅシワウ〕【厨子王】

伝説上の人物。姉の安寿とともに人買い山椒太夫(さんしょうだゆう)に売られて酷使されるが脱出し、のち、敵を討つ。→山椒太夫

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

厨子王【ずしおう】

安寿(あんじゅ)・厨子王

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の厨子王の言及

【安寿・厨子王】より

…奥州54郡の主,岩城判官正氏は帝の勘気をこうむり,筑紫国安楽寺に流される。その子安寿,厨子王は父を慕いまた失われた領地を回復するため,母や乳母とともに京へ向かう。途中越後国直江津で人買いの山岡太夫にだまされ,母は蝦夷へ,姉弟は丹後由良の山荘太夫のところへ売られる。…

【山荘太夫】より

…上中下3巻から成る。丹後由良(ゆら)の長者山荘太夫のもとで,譜代(奴隷)としてその過酷な運命に苦しみぬいた安寿と厨子王(ずしおう)姉弟の物語である。山荘太夫の追及をのがれて,摂津国天王寺(四天王寺)にたどりついた厨子王は,そこで賤しい身分を捨てて,もとの奥州五十四郡の主として復活することになる。…

※「厨子王」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

厨子王の関連キーワード山椒太夫・山椒大夫・山荘太夫・三荘大夫由良湊千軒長者安寿・厨子王安寿と厨子王安寿/厨子王安寿・厨子王水藤 五朗矢治美由紀小嶺麗奈山荘太夫山椒大夫浄瑠璃安寿姫

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

厨子王の関連情報