コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

参照カウンタ さんしょうかうんた

1件 の用語解説(参照カウンタの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

参照カウンタ

WindowsのCOM(Component Object Model)において、オブジェクト自身がオブジェクトの生存期間を管理するために利用するカウンタ。オブジェクトが生成されると参照カウンタは1にセットされ、以後このオブジェクトが参照されるたびに、参照カウントインクリメントされる(AddRef()メソッドが呼び出される)。そしてオブジェクトを解放する(COMインターフェイスを解放する)場合には、オブジェクトを利用する側が、Release()を呼び出すことによって参照カウンタをデクリメントする。参照カウンタが0になると、オブジェクトをメモリーから消去される。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

参照カウンタの関連キーワードWindowsWindows 8.1Windows拡張子Win32cLAN ManagerユーザーレベルのセキュリティーSurfaceEnhanced Meta FileWindows

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone