コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

参照カウンタ さんしょうかうんた

1件 の用語解説(参照カウンタの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

参照カウンタ

WindowsのCOM(Component Object Model)において、オブジェクト自身がオブジェクトの生存期間を管理するために利用するカウンタ。オブジェクトが生成されると参照カウンタは1にセットされ、以後このオブジェクトが参照されるたびに、参照カウントインクリメントされる(AddRef()メソッドが呼び出される)。そしてオブジェクトを解放する(COMインターフェイスを解放する)場合には、オブジェクトを利用する側が、Release()を呼び出すことによって参照カウンタをデクリメントする。参照カウンタが0になると、オブジェクトをメモリーから消去される。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

参照カウンタの関連キーワードWindowsウィンドウズエクサWMAファイルシステム最小化猪鹿蝶踊り字右回り(の) (clockwise)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone