コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

双塔寺 そうとうじ

1件 の用語解説(双塔寺の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

そうとうじ【双塔寺】

中国の山西省華北地区の太原(たいげん)(タイユワン)市にある、八角形でレンガ造りの2つの塔を持つ寺。「永祚寺」とも呼ばれ、太原のシンボルになっている。明時代(17世紀初期)の建築で、仏登和尚によって建立された。精巧なレンガ造りで、高さは約50m、13階建てである。塔内には階段があり、最上層まで上がれば太原の全景を一望できる。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

双塔寺の関連キーワード太原大同長治道武帝汾陽楡次陽泉雪斎呂梁山脈

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone