コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

双子宮 ソウシキュウ

大辞林 第三版の解説

そうしきゅう【双子宮】

黄道十二宮の第三宮。かつては、双子ふたご座に相当したが、歳差のため今では牡牛座にある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の双子宮の言及

【双子】より

… そのディオスクロイはゼウスによって天界に挙げられ星座となった。これがいわゆる双子座(ジェミニ)であり,さらに占星術における黄道十二宮の第3番目の宮である双子宮も彼らに由来する。双子宮には5月22日から6月21日までの期間が当てられ,惑星では水星,金属では水銀,色ではだいだい,宝石ではメノウ,身体部位では両腕に結びつけられて複雑な象徴体系を形成している。…

※「双子宮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

双子宮の関連キーワードふたご座牡牛座ふたご牡牛

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android