コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

受精卵 ジュセイラン

2件 の用語解説(受精卵の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じゅせい‐らん【受精卵】

受精を終えた卵。ふつう、個体発生を開始する。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の受精卵の言及

【妊娠】より

胎生の魚類などでも,胎盤あるいは類似の組織で胚が母体とつながっている場合には妊娠と呼ばれる。哺乳類では,妊娠は,受精卵が発生しはじめ,胚盤胞の状態で子宮壁に着床したときから始まり,出産のときに終わる。胚と母体とを連絡している組織を胎盤といい,母体側に由来するものを母性胎盤,胚由来のものを胎児性胎盤という。…

※「受精卵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

受精卵の関連情報