受領は倒るる所に土を掴め(読み)ズリョウハタオルルトコロニツチヲツカメ

デジタル大辞泉の解説

受領(ずりょう)は倒(たお)るる所(ところ)に土(つち)を掴(つか)め

受領は失敗しても空手(からて)で帰るなの。転んでもただでは起きない。平安時代の受領の貪欲さを示したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ずりょう【受領】 は 倒(たお)るる所(ところ)に土(つち)を掴(つか)

受領はどんな場合にも利益を得ようとせよ。転んでもただでは起きない、の意味で、平安時代の国守の強欲な性格を象徴したもの。じゅりょうは倒るる所に土を掴め。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる