受領(読み)ずりょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

受領
ずりょう

諸国の長官 (かみ) 。任地におもむかない遙任国司に対し,任国に行って実務をとる国司をいう。平安時代中期以降,中央政界に進出しえない中小貴族が受となり,その徴税権によってをたくわえ,任期が終ると土着するものもあり,また富力により院政の中心勢力となるものもあった。南北朝時代以降,国司制度がくずれて,国務と無関係な名ばかりの国司が多くなり,やがてそれらのものをも受領と呼ぶようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じゅ‐りょう〔‐リヤウ〕【受領】

[名](スル)
物や金を受け取ること。「会費を受領する」
ずりょう(受領)
江戸時代、優秀と認められた職人・芸人などが栄誉として国名を付した一種官位を名のることを許されること。また、その人。竹本筑後掾(ちくごのじょう)など。

ず‐りょう〔‐リヤウ〕【受領】

《前任者から引き継ぎを受けて事務を執る意》平安中期以降、実際に任国に赴任して政務を執った国司の最上席の者。通例守(かみ)権守(ごんのかみ)。時には、介(すけ)をもいう。じゅりょう。ずろう。→遥任(ようにん)
院宮公卿に与えられた国司の推挙権。

ず‐ろう〔‐ラウ〕【領】

ずりょう(受領)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

受領【ずりょう】

元来は解由状(げゆじょう)(後任の国司が事務引継ぎの時,前任者に渡す書類)を受領すること。平安時代からは国司の別称として用いられ,現地に赴任した者のうちの最高責任者をさした。律令制の衰退とともに没落した中央貴族たちは争って受領になろうとした。受領に任じられた中小貴族たちのなかには徴税期に下国してたちまち巨富をたくわえる者や,任期後も任地に土着して勢力の伸張を図り,武士団の棟梁(とうりょう)に成長する者もあった。
→関連項目意見十二箇条下文御倉町源頼信遥任

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ずりょう【受領】

平安時代以降の国司で,現地に赴任した者の中の最高責任者を指す称。律令制下において,国司四等官はそれぞれ国務に関する責任を分掌していたが,9世紀に入るとその体制が崩れ,実際に赴任した国司の内の最上席の者に国衙の責任が集中していく。そして10世紀初頭には受領は,徴税はもとより,国衙の全資財の管理責任を負い,国衙の裁判権や雑色人の任命権をも掌握し,国務を一手にになうようになる。受領以外の国司を任用国司と称したが,受領への権限集中に伴って,彼らは国務から疎外されていった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

じゅりょう【受領】

スル
うけおさめること。うけとること。領収。 代金を-する -証
ずりょう(受領)に同じ。
江戸時代、優秀であると認められた職人や芸人が、国名を付した官名を名のることを許されたこと。また、その官名。竹本筑後掾ちくごのじようなど。

ずりょう【受領】

新任国司が前任者から事務を引き継ぐ意
平安中期以降、実際に任地に赴いた国司の最上席のもの。遥任ようにんの国司に対する語。任国での徴税権を利用して富を築き、成功じようごう・重任ちようにんを行なって勢力をもった。じゅりょう。ずろう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

受領
ずりょう

本義は古代官人社会で交替の際の事務引き継ぎのことであるが、交替事務の重要性において国司の場合が他に勝っていたので、国司の別称となり、国務権限が国司官長((かみ)ないし守を欠く場合介(すけ))に集中していくにしたがい、国司官長をさすことばとなった。雑任(ぞうにん)国司の無力化と国司官長による国務の掌握とが決定的となるのが10世紀中葉であり、このころから受領が自己の郎等(ろうとう)らを駆使し、部内に対し旧来の慣行にとらわれることなく、恣意(しい)的な支配を行うようになった。この恣意的支配は、農民に対し過重負担をもたらし、国司苛政(かせい)訟訴とよばれる抵抗運動を引き起こした。989年(永祚1)尾張(おわり)国郡司百姓等解(ひゃくせいらのげ)は、農民らの受領支配に対する不満を示す好個の史料である。受領らは、ほぼ2割前後の増徴を行い、私富を蓄積し、平安京において豪壮な邸宅を構えるなど、栄華を極めた。ただし受領の栄華も摂関期が頂点で、院政期になると在地勢力の台頭により、収益はしだいに減少していった。[森田 悌]

芸能などにおける受領

受領は、古代では国司の別称で、守(かみ)・介(すけ)・掾(じょう)・目(さかん)の四等官があったが、中世には実を伴わない官名として地下人(じげびと)の名誉称号となり、職人や芸能人などの表彰に利用されるようになった。近世に入るとその対象も多種多様にわたったが、なかでは刀鍛冶(かたなかじ)、菓子匠などの職人、浄瑠璃太夫(じょうるりたゆう)・人形操師(あやつりし)などの芸能人で受領する者が多く、のちには主として浄瑠璃関係者に与えられ、官名はもっぱら掾に固定する。大掾・掾・少掾の三階級があり、明治以降は宮家から口宣(くぜん)を受けて掾号を名のった。第二次世界大戦後では、義太夫節(ぎだゆうぶし)の豊竹古靭(とよたけこうつぼ)大夫が1947年(昭和22)に山城少掾(やましろのしょうじょう)を、人形遣いの吉田文五郎(ぶんごろう)が56年に難波掾(なんばのじょう)を受領している。[茂手木潔子]
『吉村茂樹著『国司制度崩壊に関する研究』(1957・東京大学出版会) ▽森田悌著『受領』(1978・教育社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

じゅ‐りょう ‥リャウ【受領】

〘名〙
① 受けおさめること。金や物を受け取ること。領収
※仮名草子・小さかづき(1672)一「梅花をしゅれうせさせ侍るべしといへば」
※舞姫(1890)〈森鴎外〉「文書を受領して大臣の室を出でし時」
諸国の長官。国司の最上位のもの。また、それに任じられること。ずりょう。
※今昔(1120頃か)二九「今明日東の方に受領(じゅりゃう)付して罷候ふを」
③ 江戸時代、優秀と認められた職人・芸人などが、栄誉として国名を付した一種の官位を名のることを許されたこと。また、その官位。その名のことを受領名という。「竹本筑後」など。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※浮世草子・世間子息気質(1715)三「白粉屋の受領(ジュリャウ)を買取」

ず‐りょう ‥リャウ【受領】

〘名〙
① 新任の国司が前任者から事務を継承すること。
※続日本紀‐天平宝字二年(758)九月丁丑「但今、令条雖分付之文、律内無淹滞之罪。因茲、新任国司、不受領
② 平安時代以降、諸国の事実上の長官。任国に赴任して政務を執る国司中の最上位のもので、一般には国守をいい、守(かみ)が遙任として任国に不在の時には権守(ごんのかみ)・介(すけ)などをも称する。じゅりょう。ずろう。
※三代実録‐仁和三年(887)六月八日「良基経歴五国受領之吏
※源氏(1001‐14頃)帚木「すりゃうと言ひて、人の国の事に、かかづらひいとなみて、品、定まりたる中にも、又、きざみきざみありて」
③ 一〇世紀末頃から院宮に与えられるようになった国守の推挙権、およびそれに伴う得分権。また、これらの権利を行使できる国。院宮。分国。
※栄花(1028‐92頃)布引の滝「みかどの御親ならでは、受領などはえさせ給はじとて賜はらせ給はず」
⑤ 受け取り承認すること。〔明法条々勘録‐文永四年(1267)八月二二日〕

ず‐ろう ‥ラウ【受領】

〘名〙 =ずりょう(受領)
落窪(10C後)一「さるべきずらうあらば、知らず顔にてくれてやらんとしつる物を」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版の解説

受領
ずりょう

平安中期から用いられた,任国におもむく国司の別称
この呼称荘園が増加し,公領が国衙 (こくが) 領といわれるようになり,国司の仕事が徴税請負人的性格を強めたことに起因する。遙任国司に対し現地におもむく国守()をいう。おもに中・下級貴族が多かったが,徴税権や成功 (じようごう) ・重任 (ちようにん) などによって巨富を蓄え,政治的に進出し,のちに院政政権の支持層となった。なかには任期終了後も土着して勢力をふるい,武士団を組織するものもあった。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内の受領の言及

【受領】より

…律令制下において,国司四等官はそれぞれ国務に関する責任を分掌していたが,9世紀に入るとその体制が崩れ,実際に赴任した国司の内の最上席の者に国衙の責任が集中していく。そして10世紀初頭には受領は,徴税はもとより,国衙の全資財の管理責任を負い,国衙の裁判権や雑色人の任命権をも掌握し,国務を一手にになうようになる。受領以外の国司を任用国司と称したが,受領への権限集中に伴って,彼らは国務から疎外されていった。…

【院宮分国】より

…皇后宮の例は,近衛天皇の母后藤原得子の分国越前を初見とするが,以後鎌倉時代にかけて,中宮,東宮,斎宮,斎院などの分国が出現した。 院分国は,はじめ個別的,特例的にあてがわれたが,しだいに慣例化するに伴い,受領(ずりよう)(原則として国守)任命の手続のなかに組み込まれて制度化し,急速に発展した。《江家次第》によれば,受領の新任は,外記や史らの官人の巡任(年労等により定められた順序による任命)および別功によるほか,院の推挙によるものがあり,これを院分受領といい,その任国を院分国といった。…

【国司】より

…その結果,国司とくに国守は,あらゆる手段を講じて国内から徴収した財物のうち,規定の数量を国庫と中央に納めれば,残余はすべて私財とすることができる,いわば徴税請負人的な存在となり,国守の地位は制度上の給与以外に莫大な収入が期待できるものとなった。10世紀ころから遥任国守に対して,任地にあって吏務についての責任を負っている国守または権守,介などを受領(ずりよう)と呼ぶことがしきりに行われるようになり,受領の権限がひとり強大となって,それ以下の任用国司との地位の懸隔がしだいに大きくなったが,この受領の地位をめぐってしきりに競望が行われ,またその重任(ちようにん),成功(じようごう)を目ざして激しい運動が展開されるようになったのは,まったくその莫大な収入への期待によるものであった。また国司の地位がやはり10世紀ころから盛行するようになった年官(ねんかん)の主たる対象となり,あるいは院宮分国や知行国のごとき制度が行われるようになったのも,やはり国司の地位がきわめて大きな収入源とみなされるようになったためである。…

【在庁官人】より

…そもそもこうした在庁官人が恒常的に地方行政を担う背景には次のような事情が伏在した。すなわち平安中期以降,国司制度の変遷とあいまって受領(ずりよう)が国守と同義語として用いられるに至った。これは従前の守(かみ),介(すけ),掾(じよう),目(さかん)という四等官制がくずれ,守と介ないし掾以下の任用国司との懸隔が大きくなり,受領国司による権力集中が行われた結果であった。…

【庁宣】より

…広義には国司庁宣,大府宣,伊勢大神宮司庁宣など,差出書を〈庁宣〉と書き出す文書の総称であるが,厳密には国司庁宣のみを指す。11世紀から14世紀まで行われた国務文書の一つで,受領(ずりよう)の発する下文様文書。律令政治の地方行政制度である国司が行う政治・行政行為を国務というが,10世紀以降国務は従来の守・介・掾・目の四等官国司の連帯責任制から官長(守または介)の単独請負制へと変化する。…

※「受領」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

受領の関連情報