口置き(読み)クチオキ

大辞林 第三版の解説

くちおき【口置き】

物の縁や衣服のへりに金銀などの装飾をすること。置き口。 「 -など、目もあやに/栄花 根合

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android