古代専制国家(読み)こだいせんせいこっか

精選版 日本国語大辞典の解説

こだい‐せんせいこっか ‥センセイコクカ【古代専制国家】

〘名〙 日本、中国、インドおよびオリエント諸国などの古代国家。神格的国王が専制的に統治した国家。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の古代専制国家の言及

【アジア的生産様式】より

…それは,アジア,アフリカ,ラテン・アメリカの民族解放闘争やその独自の発展を背景にし,また世界史発展の基本法則確立の視点から,この概念を抹殺してきたことへの反省が背景になっていたものと思われる。 現在,アジア的生産様式とはアジア的共同体の上に専制君主が君臨する古代専制国家のことであろうと考えるものが多くなったが,その社会の歴史的本質については依然見解が分かれている。国内の状況をみても,原始共同体とするもの(林直道,芝原拓自,原秀三郎ら),奴隷制の一類型としての総体的奴隷制あるいは,さらに前農奴的な隷属民に対する収奪に基づく社会とするもの(多くの古代史家)などの諸説があるが,次のように理解すべきであろう。…

※「古代専制国家」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android