コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古金 こきん

大辞林 第三版の解説

こきん【古金】

江戸後期に、それまで通用していた金貨をいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

古金の関連キーワードナポレオン金貨小布施新三郎暁星右衛門安田善次郎金銀図録古山良空名物裂臍穴主金貨下金

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android