コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古銅器 コドウキ

デジタル大辞泉の解説

こ‐どうき【古銅器】

古代の銅器。
特に、中国の(いん)代から漢代にかけて鋳造された青銅器

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こどうき【古銅器】

古代の銅器。
中国の殷いん・周の時代に、青銅で鋳造された鬲れき・鼎てい・爵しやくなどの器物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の古銅器の言及

【青銅器】より

…青銅でつくられた利器,容器,道具。青銅器時代はもとより,鉄器時代以降も用いられている。ここでは,人類史上特にその著しい発達が見られた,ヨーロッパ,オリエント地域の青銅器時代から鉄器時代のもの,および中国殷・周時代のものを中心に述べる。
【ヨーロッパ,オリエント】
 東アジアの青銅器が祭祀具として発達したのにひきかえ,ヨーロッパや西アジアの青銅器は実用品が多い。銅や青銅などの初期の金属は,石にかわって斧,手斧(ちような),剣,短刀などの利器の素材として利用されたところから,銅器時代や青銅器時代を設定する根拠となった。…

※「古銅器」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

古銅器の関連キーワード住友 吉左衛門(15代目)平野 吉兵衛(2代目)平野吉兵衛(2代)四方竜文(二代目)秦蔵六(初代)集古録跋尾宣和博古図梅原 末治近重真澄四方竜文住友友純青木木米西清古鑑考古学金石録饕餮文秦蔵六毛公鼎鐘鼎文青銅

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android