器物(読み)ウツワモノ

デジタル大辞泉の解説

うつわ‐もの〔うつは‐〕【器物】

器(うつわ)1」に同じ。
「―をもちてその漏る雨を受けて」〈・下〉
器(うつわ)2」に同じ。
「興ある道にもすぐれ、公の―にもととのひ給へる殿にこそあれ」〈宇津保・祭の使〉

き‐ぶつ【器物】

うつわ。また、器具・道具類の総称

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うつわもの【器物】

物を入れる器具。うつわ。
什器じゆうきや家具。道具。 「木の道の匠たくみの造れる、うつくしき-も/徒然 22
器量。才能。また、才能のある人。 「よはひのほども身の-もおよばず/源氏 若菜上」 「まことの-となるべきを/源氏 帚木

きぶつ【器物】

うつわ。また、道具や器具類。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

き‐ぶつ【器物】

〘名〙 物を入れる器具。また、器具類の総称としても用いられる。うつわもの。道具。きもつ。
※菅家文草(900頃)五・石硯「文人施器物、石硯玉簾前」 〔史記‐封禅書〕

き‐もつ【器物】

〘名〙
※続日本紀‐宝亀六年(775)一〇月壬戌「大臣依稽礼典、器物始修」
② その地位や役職などにふさわしい働きのできる能力、才能。物の用に立つ才能。また、そうした能力、才能をもつ人。うつわ。器量。
※太平記(14C後)三〇「凡俗の器物に成られぬる事如何あるべからん」
※遊楽習道風見(1423‐28頃)「二曲三体の見聞、いづれも延感を成して、不増不減の得益あらん所、是器物也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

器物の関連情報