器物(読み)きもつ

精選版 日本国語大辞典「器物」の解説

き‐もつ【器物】

〘名〙
※続日本紀‐宝亀六年(775)一〇月壬戌「大臣依稽礼典物始修」
② その地位や役職などにふさわしい働きのできる能力、才能。物の用に立つ才能。また、そうした能力、才能をもつ人。うつわ。器量。
※太平(14C後)三〇「凡俗の器物に成られぬる事如何あるべからん」
※遊楽習道風見(1423‐28頃)「二曲三体の見聞、いづれも延感を成して、不増不減の得益あらん所、是器物也」

き‐ぶつ【器物】

〘名〙 物を入れる器具。また、器具類の総称としても用いられる。うつわもの。道具。きもつ。
※菅家文草(900頃)五・石硯「文人施器物、石硯玉簾前」 〔史記‐封禅書〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「器物」の解説

うつわ‐もの〔うつは‐〕【器物】

うつわ1」に同じ。
「―をもちてその漏る雨を受けて」〈・下〉
うつわ2」に同じ。
「興ある道にもすぐれ、公の―にもととのひ給へる殿にこそあれ」〈宇津保・祭の使〉

き‐ぶつ【器物】

うつわ。また、器具・道具類の総称。
[類語]調度道具器具用具器材工具古道具骨董装具用品家具家財什器備品置物インテリアうつわ容器入れ物食器酒器曲げ物ケースカプセル

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

受託収賄罪

公務員が,職務に関する請託を受け,これを了承したうえで賄賂を受取ったり,要求,約束したりした場合に成立する犯罪。請託のない場合は単純収賄となり,法定刑が5年以下の懲役であるのに対し,請託のあったことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android