コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

召さる メサル

大辞林 第三版の解説

めさる【召さる】

( 動四 )
〔下二段活用動詞「召さる」の四段化したもの。近世語〕
「召される」に同じ。 「おお、よい仕事-・つたの/浄瑠璃・用明天皇」
(補助動詞) 「召される」に同じ。 「孫十次郎は城に残つてゐ-・るか/浄瑠璃・太功記」
( 動下二 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

召さるの関連キーワード御成敗式目補助動詞笑止千万伯母者人命代はりさかい浄瑠璃文・書満珠色品半銭干珠算勘証状

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android