可聴周波(読み)カチョウシュウハ

デジタル大辞泉の解説

かちょう‐しゅうは〔カチヤウシウハ〕【可聴周波】

人間の耳に音として聞こえる周波数領域。およそ20ヘルツ~20キロヘルツ。音波以外に、同じ周波数領域の電波や電子回路における振動電流に対しても用いられる。音声周波低周波

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android