コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

低周波 ていしゅうはlow frequency

翻訳|low frequency

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

低周波
ていしゅうは
low frequency

周波数の低い波。高周波に対する用語。明確な周波数範囲はないが,多くの場合,20kHz以下の可聴周波をさす。 LFと略記することもある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

低周波【ていしゅうは】

高周波に対し周波数の小さい電波や交流をいうが,範囲は明確でない。ふつう可聴周波数のものをさす。
→関連項目海洋音響トモグラフィーシステム

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ていしゅうは【低周波】

振動数が比較的少ない振動・波動。電波では普通10ヘルツ から20キロヘルツ の周波数をいう。電波法では30キロヘルツ から300キロヘルツ の電波をいう。 ↔ 高周波

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

低周波
ていしゅうは
low frequency

一般に低い周波数の波動を総称していう場合と、特定の周波数の電波をさす場合とがある。通信工学の分野では無線通信に使用する高周波に対して、20ヘルツから20キロヘルツの範囲の可聴周波を低周波ということが多い。しかし電波法では30キロ~300キロヘルツの電波を低周波と定義している。可聴周波よりさらに低い低周波は超低周波とよばれる。電力用に使われている50ヘルツまたは60ヘルツの低周波を商用周波とよぶこともある。低周波は発電機、トランジスタなどを用いて容易に発生させることができる。[布施 正・吉澤昌純]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

低周波の関連キーワードマクスウェルブリッジ低周波音と健康障害ホームヘルス機器スレンダートーンインフラサウンド日本メディックスチョークコイル深部低周波微動アブトロニックゆっくり地震ジョシイ効果スプリッターパワーアンプ分布定数回路集中定数回路紙コンデンサ低周波増幅プリアンプオーディオ音叉発振器

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

低周波の関連情報