コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合(わ)せ砥 アワセド

デジタル大辞泉の解説

あわせ‐ど〔あはせ‐〕【合(わ)せ×砥】

粗研ぎのあとの仕上げに使う、質が密で硬い砥石(といし)。
砥石の凹凸をならしたり、表面に付着したあぶらを取ったりするのに使う粘板岩の小さな石。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の合(わ)せ砥の言及

【といし(砥石)】より

…仕上げ砥は,中砥研ぎをした刃面を,といしによる条痕が見えなくなって鏡面のように光る程度に仕上げるためのもので,砥粒の細かい硬いといし,主としてケイ質粘板岩が用いられる。合せ砥とも呼ばれ,本山砥(京都府産)が有名である。名倉砥(愛知県設楽町産)は砥粒が微細であり,仕上げ砥の表面の修正に使われる。…

※「合(わ)せ砥」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

合(わ)せ砥の関連キーワード粗研ぎ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android