コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合気乱取法 あいきらんどりほう

1件 の用語解説(合気乱取法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

合気乱取法
あいきらんどりほう

合気道の技から考案された練習法。勝者と敗者を定めた「形」の約束稽古であった古流柔術を競技化するため,1959年富木謙治によって創案された。前腕部を捕えて投げまたは押さえる技術面を体系化したもので,関節技 12本,当身技 (あてみわざ) 5本よりなる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

合気乱取法の関連キーワード合気道気管食道科掛り稽古伊勢笠付合気道着組み剣組み太刀呼吸力移動蹴り表技

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone