吉野照蔵(読み)よしの てるぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉野照蔵 よしの-てるぞう

1918- 昭和後期-平成時代の経営者。
大正7年7月19日生まれ。昭和17年清水組(現清水建設)にはいり,建築部長などをへて,45年取締役。56年社長,平成元年会長。日本建設業団体連合会会長として指導力を発揮したが,5年ゼネコン汚職事件の贈賄容疑で逮捕され,退任。群馬県出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android