コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

同期調相機 どうきちょうそうきsynchronous phase modifier

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

同期調相機
どうきちょうそうき
synchronous phase modifier

界磁電流を調整するために使用される同期機をいう。同期電動機を無負荷で電力系統に接続し,その励磁電流を調整すると,過励磁のときはコンデンサとして働き,不足励磁のときはリアクトルとして働く。送電線の力率調整,製鉄用アーク炉のフリッカ防止などの用途に用いられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の同期調相機の言及

【無効電力制御】より

…これが無効電力制御であり,このために設置される無効電力設備を調相設備という。調相設備には重負荷時に生ずる電圧降下を防ぐ並列コンデンサー,軽負荷時に生ずる電圧上昇を抑制する分路リアクトル,無効電力の吸収・発生を連続的に変化できる同期調相機,サイリスターの開閉制御作用を利用した静止型調相機などがある。このほかに単巻変圧器のタップを切り換えて電圧を一定に保つ負荷時タップ切換変圧器も利用されている。…

※「同期調相機」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

同期調相機の関連情報