コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名護市庁舎 なごしちょうしゃ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

名護市庁舎
なごしちょうしゃ

沖縄県名護市にある鉄骨鉄筋コンクリート造,地上3階建の市庁舎。 Team ZOO(象設計集団)とアトリエ・モビルの設計。 1981年度日本建築学会賞を受賞。沖縄の強い日ざしをさえぎり,自然の風と換気によって屋内の居住環境を確保しようとした半外部空間「アサギテラス」と室内を通る「風の道」が最大の特徴。伝統的な組積造を表現するために地場産業のブロックが多用されている。地域に根ざした建築として計画され,ポスト・モダン建築の一つの方向性であるリージョナリズム建築の代表的作品とされる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

名護市庁舎の関連キーワード沖縄県名護市大竹 康市富田玲子

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

名護市庁舎の関連情報