君辱めらるれば臣死す(読み)きみはずかしめらるればしんしす

故事成語を知る辞典「君辱めらるれば臣死す」の解説

君辱めらるれば臣死す

臣下は、主君生死苦楽をともにすべきである、ということ。

[使用例] およそ君辱めらるれば臣死す、む者が、主を殺させて安閑と生きながらえることができると思われるか[田中貢太郎*八人みさきの話|1934]

[由来] 「国語えつ・下」に見える、はんれいという大臣のことば。紀元前五世紀の中国、春秋時代のこと。越という国の王、こうせんは、国との戦いに敗れて、いったんは捕虜となりました。やがて、釈放されて国に帰った勾践は、大臣の范蠡とともに政治に励んで力を蓄え、ついには呉を滅ぼすに至ります。ところが、范蠡は、「本来ならば『君辱めらるれば臣死す(主君が恥辱を受けたら、臣下は死ななければならない)』であり、王が捕虜となったときに死ぬべきだったところ、この日まで生き永らえてきたのです」と述べて、王のもとから姿を消してしまったということです。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

デジタル大辞泉「君辱めらるれば臣死す」の解説

きみはずかしめらるればしん

《「国語越語から》主君がはずかしめを受けるようなことがあれば、その臣たるものはを投げ出して主君のをそそがなければならない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ツール・ド・フランス

フランスを舞台にした国際的規模のロードレース (→自転車競技 ) 。 1903年,フランス人の自転車選手兼ジャーナリストのアンリ・デグランジュが創設。以来,2度の世界大戦時以外は毎年開催されており,フ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android