吸収速度

世界大百科事典内の吸収速度の言及

【ガス吸収】より

…二重境膜説に基づく,溶質ガス成分の分圧pまたは濃度cの分布は図に示すようになる。この場合,単位界面積あたりの溶質の吸収速度Nは次式で与えられる。 Nkg(pgpi)=kl(cicl)ここで,kは,拡散係数に比例し,境膜の厚みtに反比例する比例定数で,物質移動係数という。…

※「吸収速度」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android