腸管(読み)ちょうかん

精選版 日本国語大辞典「腸管」の解説

ちょう‐かん チャウクヮン【腸管】

〘名〙 動物がとりいれた食物を吸収・消化する器官を総合していう。ふつう、咽頭に続く部分から肛門に至る器官をいい、動物の種類によって名称が異なる。
※モダン化粧室(1931)〈ハリー牛山〉「之は唯食物残渣が管を滑かに通過する様に働くのであります」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android