コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吾妻小富士 あづまこふじ

2件 の用語解説(吾妻小富士の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔福島県〕吾妻小富士(あづまこふじ)


福島県北部、東吾妻山の東斜面に噴出した成層火山。標高1707m。小ぶりながらすり鉢を伏せたような秀麗な形で知られる。火口すぐ西側の浄土平(じょうどだいら)は高山植物の宝庫で、磐梯(ばんだい)吾妻スカイラインが通る。東麓(とうろく)に微温湯(ぬるゆ)温泉がわく。磐梯朝日(ばんだいあさひ)国立公園に属する。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

吾妻小富士の関連情報