山容(読み)さんよう

精選版 日本国語大辞典「山容」の解説

さん‐よう【山容】

〘名〙 かたち。山のすがた。→山容水態(さんようすいたい)
※本朝無題詩(1162‐64頃)六・暮秋城南別業即事〈藤原敦基〉「水色山容多勝趣
※航米日録(1860)七「山容骨立、巖石峨々として」 〔陸暢‐遊城東王駙馬亭詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android