コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吾田媛 あたひめ

1件 の用語解説(吾田媛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吾田媛 あたひめ

日本書紀」にみえる武埴安彦命(たけはにやすひこのみこと)の妻。
崇神(すじん)天皇10年香具山(かぐやま)の土で天皇を呪詛(じゅそ)し,夫とともに挙兵したが敗れ,殺されたという。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の吾田媛の言及

【武埴安彦命】より

…母は河内青玉繫の女の埴安媛。《日本書紀》崇神紀10年9月条によれば,山背にあって妻の吾田媛(あたひめ)と謀反をはかるが,事あらわれて吾田媛は崇神天皇の派遣した五十狭芹彦(いさせりびこ)の軍に敗れ,武埴安彦は和珥臣(わにのおみ)の遠祖の彦国葺(ひこくにぶく)に射殺されたという。なお《古事記》孝元天皇段には建波邇夜須毗古命,崇神天皇段には建波邇安王とみえる。…

※「吾田媛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone