コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呉【がん】 ごがん

百科事典マイペディアの解説

呉【がん】【ごがん】

現代中国の歴史家。浙江省義烏の人。苦学し,明代史を中心に研究。解放後は民主同盟副主席,北京市副市長となる。1959年―1961年作の劇《海瑞罷官》《海瑞罵皇帝》が文化大革命の中で批判を受け,1966年5月には【とう】拓(とうたく),廖沫沙(りょうまつさ)とともに書いた《三家村札記》が毛沢東路線を風刺するものと批判され,文化大革命の反面的象徴となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

呉【がん】の関連キーワードウーハン

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android