コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呉鼓/腰鼓 クレツヅミ

デジタル大辞泉の解説

くれ‐つづみ【呉鼓/腰鼓】

呉楽(くれがく)に用いた鼓。ひもで首から掛け、腰のあたりに横につるして両手で両鼓面を打ち鳴らす。腰鼓(ようこ)。くれのつづみ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

呉鼓
くれつづみ

腰鼓」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の呉鼓/腰鼓の言及

【腰鼓】より

…また腰鼓は,腰のあたりにつけて打つ鼓という意味からきたものともいわれ,これには円筒形の胴のものと細腰の胴のものと両種ある。腰鼓を〈くれつづみ〉〈くれのつづみ〉と訓じて,日本の伎楽(呉楽)の呉鼓(くれつづみ)を意味することもある。【三谷 陽子】。…

【鼓】より

…腰鼓は腰に下げる細腰鼓で,両手で打った。日本に7世紀初めに伝わり,呉鼓(くれのつづみ)として伎楽に用いたが,絶えた。一鼓,二鼓,三鼓,四鼓は日本に奈良時代,唐楽(とうがく)用として伝わった。…

【腰鼓】より

…また腰鼓は,腰のあたりにつけて打つ鼓という意味からきたものともいわれ,これには円筒形の胴のものと細腰の胴のものと両種ある。腰鼓を〈くれつづみ〉〈くれのつづみ〉と訓じて,日本の伎楽(呉楽)の呉鼓(くれつづみ)を意味することもある。【三谷 陽子】。…

※「呉鼓/腰鼓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

呉鼓/腰鼓の関連キーワード呉楽