コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腰鼓 ようこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

腰鼓
ようこ

古代中国,日本のインド系の西域を経て六朝時代に中国に輸入され,細腰鼓と呼ばれたものの一種。砂時計形のをもつ紐締め式の太鼓で,奏者が腰のあたりに下げて打つところから腰鼓と呼ばれたらしい。考古学資料によると,桴 (ばち) を用いずに手で打奏されている。唐代には亀茲楽,疎勒楽などの西域楽のほか散楽でも用いられた。日本には推古朝に仮面音楽劇である伎 (呉) 楽の楽器として輸入された。正倉院奈良時代に使用した胴 23個が遺存する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こし‐つづみ【腰鼓】

呉鼓(くれつづみ)。ようこ。

よう‐こ〔エウ‐〕【腰鼓】

伎楽(ぎがく)などで用いた鼓(つづみ)の一種。胴の中央を細くし、両端に円形の革を張り、長いひもで首から腰のあたりに横につるして両手で打ち鳴らす。呉鼓(くれつづみ)。こしつづみ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ようこ【腰鼓】

東アジアの膜鳴打楽器。中国,日本の細腰鼓(胴の中央がくびれたつづみ)の別称。細腰鼓は古代インドのものが中央アジアを経て中国南北朝(5~6世紀)に他の西域楽器とともに流伝したと考えられており,中国唐代の史料(《通典》《新唐書》など)には腰鼓,細腰鼓の両方の名称がみえる。同類のものに都曇鼓(とどんこ),毛員鼓(もういんこ),正鼓,和鼓,一(壱)鼓,二鼓,三鼓,四鼓などがある。三鼓は日本の雅楽で用いられる三ノ鼓(さんのつづみ)で,二鼓は正倉院蔵の陶製の鼓胴がこれにあたるとされる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こしつづみ【腰鼓】

ようこ(腰鼓)」に同じ。 「波の-ていとうの拍子を打つなりや/謡曲・岩船」

ようこ【腰鼓】

伎楽で用いた鼓つづみの一種。首からかけたひもで腰のあたりに下げ、両手で打ち鳴らす。呉くれの鼓。こしつづみ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の腰鼓の言及

【腰鼓】より

…東アジアの膜鳴打楽器。中国,日本の細腰鼓(胴の中央がくびれたつづみ)の別称。細腰鼓は古代インドのものが中央アジアを経て中国南北朝(5~6世紀)に他の西域楽器とともに流伝したと考えられており,中国唐代の史料(《通典》《新唐書》など)には腰鼓,細腰鼓の両方の名称がみえる。…

【鼓】より


[歴史]
 鼓はインドで発生したらしい。中国に伝わって細腰鼓(さいようこ)と総称され,胴の材に木・銅・土を用い,隋・唐代には腰鼓(ようこ),都曇鼓,毛員鼓(もういんこ),一鼓(いつこ)(壱鼓),二鼓,三鼓(三ノ鼓(さんのつづみ)),四鼓,杖鼓(じようこ)等があったが,宋代以後衰えた。杖鼓は杖(桴(ばち))で打つ鼓で,革面の片方が子牛皮,もう一方がヤギ皮というように異種を用いた。…

※「腰鼓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

腰鼓の関連キーワード田楽(芸能)伊勢の御田植角兵衛獅子壱鼓・一鼓じゃんがらていとう那智田楽四の鼓二の鼓仏の舞三の鼓雅楽寮黒丸踊ダマル田楽伎楽壱鼓師子鹿踊杖鼓

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android