コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

周波数ホッピング方式 しゅうはすうほっぴんぐほうしき

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

周波数ホッピング方式

スペクトラム拡散方式を利用した通信方式のひとつ。周波数を一定期間で切り替えて通信を行う。受信側も同様に周波数を切り替えることで、通信を正しくできる。周波数を切り替えながら通信を行うため、ノイズに強く、耐障害性が高いという特徴がある。周波数ホッピング方式を採用しているBluetoothでは、1秒間に約1600回周波数を切り替えながら通信を行っている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android