特徴(読み)とくちょう

精選版 日本国語大辞典「特徴」の解説

とく‐ちょう【特徴】

〘名〙
① 他と異なって、特に目立つしるし。特色。〔生物学語彙(1884)〕
※本物の探偵小説(1928)〈江戸川乱歩〉「該博な医学上の知識が到る所に取り入れられてあるのも、重大な特徴だ」
② 貴人からの、特別のお召し。
※孜孜斎詩話(1800頃)上「終身不京師、天子特徴不至」 〔後漢書‐郎顗伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「特徴」の解説

とく‐ちょう【特徴】

他と比べて特に目立つ点。きわだったしるし。「特徴のある声」
特長[用法]
[類語]特色性格売り強み長所特長見どころ取り柄美点身上魅力持ち味特質特性本領売り物真価真骨頂真面目本調子セールスポイントチャームポイントストロングポイントメリット

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「特徴」の解説

【特徴】とくちよう

特旨もて徴召する。また、特別のしるし。〔顔氏家訓、後娶〕汝南、~至孝を以て聞ゆ。~光中、車もて特に(め)され、至りて侍中を拜す。、性恬(てんきよ)、疾として(た)たず。

字通「特」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android