コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和島 貞二 ワジマ テイジ

20世紀日本人名事典の解説

和島 貞二
ワジマ テイジ

大正期の実業家 北千島水産組合組合長。



生年
明治8年4月16日(1875年)

没年
大正14(1925)年

出生地
石川県

経歴
大正3年から北千島で蟹の缶詰製造業をはじめ、5年には北千島水産組合の初代組合長に就任。9年に富山県水産講習所の所属船呉羽丸が蟹刺網漁業で成功したのに影響され、10年から沿海州沖で民間初となる蟹工船の操業を開始、我が国における工船式漁業発展の端緒を開いた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

和島 貞二の関連キーワード蟹工船(母船式カニ漁業の母船)

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android