操業(読み)そうぎょう

精選版 日本国語大辞典「操業」の解説

そう‐ぎょう サウゲフ【操業】

〘名〙
① 心がけと仕事。〔劉孝儀‐為江侍中士表〕
② 作業をすること。主に、機械を動かして作業をしたり、船上で作業をしたりすることにいう。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉三「出校の後は、終日此操業に従事し」
※日本の下層社会(1899)〈横山源之〉四「粗紡、精紡職工の操業せる工場の如きは」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「操業」の解説

【操業】そうぎよう(さうげふ)

操行・劉潜〔江侍中の為に士を薦むる表〕伏して見るに、鎭北府水曹參軍濟陽の江興、~身を立つること貞白、操業。頗(すこ)ぶる書記り、彌(いよいよ)刀筆に閑(なら)ふ。

字通「操」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

受託収賄罪

公務員が,職務に関する請託を受け,これを了承したうえで賄賂を受取ったり,要求,約束したりした場合に成立する犯罪。請託のない場合は単純収賄となり,法定刑が5年以下の懲役であるのに対し,請託のあったことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android