操業(読み)そうぎょう

精選版 日本国語大辞典「操業」の解説

そう‐ぎょう サウゲフ【操業】

〘名〙
① 心がけと仕事。〔劉孝儀‐為江侍中薦士表〕
② 作業をすること。主に、機械を動かして作業をしたり、船上で作業をしたりすることにいう。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉三「出校の後は、終日此操業に従事し」
※日本の下層社会(1899)〈横山源之〉四「粗紡、精紡職工の操業せる工場の如きは」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「操業」の解説

そう‐ぎょう〔サウゲフ〕【操業】

[名](スル)機械などを動かして作業をすること。また、その作業。「夜一〇時まで操業する」「北洋で操業する船団

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android